国交省、エア・ドゥに業務改善命令、不適切な機長訓練で

国土交通省航空局は、エア・ドゥに対して業務改善命令を行った。これは、今年9月11日のADO11便において機長初期訓練中の訓練生が新千歳空港への着陸進入中、不適切な操縦を行ったにもかかわらず、そのまま訓練を修了させていた事案に対して。12月3日かせ12日まで同社に対して立ち入り検査を実施した結果、運航乗務員の訓練体制および安全管理体制に不備が認められた。

航空局は、事業改善命令のなかで以下の2点の改善を求めている。

  • 運航乗務員の訓練・評価を適切に実施し、必要な場合には追加訓練などが的確に実施されるように訓練体制を見直すこと。
  • 安全に影響がある事案が発生した場合には、各部門長および安全統括管理者に正確に報告され、かつ、それぞれの部門においては収集された情報をもとに、迅速かつ適切な評価・検証を行い、必要な対策が講じられるよう安全管理に係る体制を抜本的に見なおすこと。

業務改善命令を受け、エア・ドゥは2015年1月30日までに講じた措置を報告しなければならない。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。