スマホが「電子錠」になり宿泊部屋キーの受け渡し、民泊マッチングサービスの「とまれる」で

不動産を活用した民泊マッチングサービスを行う「TOMARERU (とまれる)」は、2015年01月08日より期間限定で「インテリジェントロッカーを利用して無料宿泊キャンペーン」を実施する。キャンペーン内容は、東京・京急空港線沿線の物件に無料で宿泊すると同時に、スマートフォンで利用する電子カギアプリ『kagii(カーギー)』を使ったロッカーと物品受け渡しサービスを体験利用するもの。ドコモのAndroid版スマホ所有者であることなど、一定条件を満たす応募者の中から抽選で参加者を決定する予定だ。

キャンペーンで使用される電子カギアプリ『カーギー』は、NTTドコモ・ベンチャーズがサービス開発や起業を支援する共同事業開発プログラム「サンキューワークス(39works)」発のシステム。専用ロッカーをあけるための電子カギ機能をオンラインで制御することにより、「物品シェアリングサービス」を実現するための仕組みだ。

今回のキャンペーン参加者は、電子カギアプリが入ったスマホをかざしてロッカーを開錠し、宿泊物件用の実際の鍵やレンタル商品を取り出し、その後入室する流れとなる。利用イメージは以下のとおり。

プレスリリースより

39worksでは、『カーギー』アプリを用いることで、無人クリーニング店での24時間自動受け渡しや企業内の機密物品を特定の人のみとシェアするなど、ロッカーを通じて単なる物品収納以上のサービスを提供したい考え。両社とも今回のキャンペーンの結果を今後のサービス開発につなげていく予定としている。

関連記事>>

キャンペーンの応募期間は2014年12月19日から2014年12月24日まで。応募条件や申し込み方法は以下のキャンペーンページで参照可能だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。