ANAセールス、2015年上期商品は「大人」がキーワード、海外旅行は8%増を目指す

ANAセールスは2015年度、海外旅行のANAハローツアーで前年比8%増の11万1800万人、国内旅行のANAスカイホリデーで2%増の292万3000人の販売を目指す(いずれもダイナミックパッケージ「旅作」含む)。

先ごろ発表した上期商品では、「大人」をキーワードに安心と品質の向上を重視したラインナップとしたのが特徴。例えばANAハローツアーでは、2年目の「大人のゆとり旅」でヨーロッパ、アジアに続いて新たにハワイ方面を設定。コース数を7コース追加の全36コースに増やした。そのうち11コースをビジネスクラス・プレミアムエコノミー専用コースとし、ゴールデンウィークとお盆出発の日を前年比36%増の79出発日に増加。2014年度は取扱の7割が、ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラスを利用したという。

また「大人のゆとり旅」では、滞在中の利便性と快適性も重視。利用ホテルは新たに、市内中心部から徒歩12分・1キロ以内とする立地評価を設け、同一ホテルに2連泊以上するコースや、食事ではメインを5種類、前菜とデザートを2種類以上から選択できる設定日などを増やした。さらに出発後では無料の宅配サービスやWiFiサービスも提供する。

このほか、ANAハローツアーではANA(全日空/NH)の新規就航ヒューストン線を含む北米・南米コースで、6コース増の35コースを展開。「はじめての旅」シリーズを2倍に拡大し、ヒューストン線利用コースでは「はじめてのオーランド」を新たに設けるほか、ディズニー・クルーズを2プラン新規で設定するなど、バラエティを拡充した。

一方、国内旅行のANAスカイホリデーでは、北海道、九州、沖縄で「あんしん・あったかサービス」や品質を拡充。復路航空便が天候不良などで欠航し、予定日に帰着できない場合にお見舞金1万円を支払う「欠航お見舞金サービス」を開始する。また、「大人に似合う、優雅な旅」をコンセプトにした「厳選の宿」も設定。「一度は泊りたい宿」「客室露天風呂がある宿」「忘れられない美食宿」のカテゴリで、上質な時間を過ごせる宿泊施設を用意した。


【2015年度 方面別目標】

ANAハローツアー(方面:人数/前年比)

※ダイナミックパッケージ「旅作」含む

  • アメリカ:8000人/110%
  • ハワイ:2万8000人/121%
  • ヨーロッパ:2万2000人/111%
  • アジア:4万4000人/110%
  • 中国:8500人/100%
  • グアム:3000人/112%
  • 合計:11万1800人/108%

ANAスカイホリデー(方面:人数/前年比)

※旅ドキ・シティプラン、ダイナミックパッケージ「旅作」、あなたび宿泊プラン含む

  • 北海道:41万7000人/103%
  • 東北:6万人/103%
  • 北陸:3万8000人/90%
  • 関東・甲信越:87万5000人/102%
  • 東海:4万6000人/102%
  • 関西:24万5000人/104%
  • 中・四国:10万2000人/102%
  • 九州:35万人/103%
  • 沖縄:47万人/103%
  • あなたび:32万人/107%
  • 合計:292万3000人/102%

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。