間もなく初クルーズの「史上最高の豪華客船」、新レストラン内装を公開【動画】

リージェント・セブンシーズ・クルーズが新たに建造、2016年7月20日に初クルーズを行うラグジュアリー客船「セブンシーズ・エクスプローラー」に設置される新レストランの内装が追加公開された。

今回新たに公開されたのは、アジア料理のスペシャリティ・レストラン『パシフィックリム』。入り口にはチベットの僧侶をイメージした装飾が施されるうえ、アジアの寺院を思わせる大きな円柱も特徴。また、レストラン内も大理石やブラウンとホワイトの布でしつらえたランプシェードなどでオリエンタルなムードを演出したとしている。

既存3船で人気のスペシャリティ・レストラン「プライム7」や公開済みのフランス料理レストラン「シャトリューズ」に加え、今回発表されたアジアからの顧客になじみのあるデザインを施したレストランが用意されることになる。

レストラン内のイメージは以下のとおり(左:レストラン入り口、右:店内)

リージェント・セブンシーズ・クルーズ:報道資料より

セブンシーズ・エクスプローラーは「史上最高の豪華客船」と称されるもので、総トン数5万6000トンと同社客船で最大となるが、乗客定員は750名に抑え(「セブンシーズ・マリ ナー」は4.8万トンで700名)、船内のゆとり度を示すスペースレシオ(乗客一人当たりのトン数)は74.6トンと史上最大を実現。

同船の初クルーズは2016年7月20日モンテカルロ発ベニス着の地中海・アドリア海クルーズ14泊。クルーズ代金は1人当たり1万1679米ドル~(ベランダ・スイート)。以降、2016年11月までは地中海・エーゲ海クルーズに配船する予定となっている。

以下動画では、「セブンシーズ・エクスプローラー」の船内や関係者のコメントが視聴できる。

【動画】Seven Seas Explorer - The Most Luxurious Cruise Ship Ever Built (英語、約13分)



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…