独・ミュンヘン空港、サテライト施設の拡張で旅客受け入れ態勢を1100万人分増加、2016年4月から

ミュンヘン空港はターミナル2のサテライト施設を、2016年4月にオープンすることを発表した。来年初めに詳細日程を発表する予定だ。

サテライト施設の供用開始により、ミュンヘン空港の年間旅客処理能力は1100万人分増加する見込み。チェックインやパスポート、手荷物検査はターミナル2で行ない、サテライト施設へは地下個人輸送システムを使用し、約1分で移動。入場は搭乗客のみに制限する。施設内にはショッピングや飲食店を設けるほか、27か所の駐機スポットを隣接し、直接搭乗できるようにする。

なお、サテライト施設はミュンヘン空港会社が60%、ルフトハンザ・ドイツ航空が40%の権益を持ち、両者が共同運営を行なう。ミュンヘン空港ではプレミアム・ハブ空港の開発を目指しているという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…