東京ディズニー、日付指定の入場券がないと入園できない限定日を導入、2016年10月から土日祝日でスタート

東京ディズニーリゾートは2016年10月1日から、日付指定券限定入園日を導入する。指定日に入園できるパークチケットを対象のチケットに限定するもので、現在発表されている2016年度の該当日は2016年10月~12月の土日祝日。東京ディズニーリゾートでは該当日に確実に入園するためには、事前の日付指定券の購入を勧めている。

該当日に入園できるパークチケットは1デーパスポートやシニアパスポート、マルチデーパスポート、スターライトパスポートなどの「日付指定券」と、「年間パスポート」、該当日に入園保証のあるパークチケット。ただし、年間パスポートは入園制限中には利用できない。

一方、該当日に利用できないのは、オープン券などの日付指定のないパークチケット。該当するパークチケットには日付指定券限定入園日は使用できないことが、記載されている。ただし、日付指定券に変更可能なオープン券は事前の変更で、日付指定券限定入園日での利用ができるようになる。

なお、日付指定券限定入園日当日は、当日券の販売と券種変更の受付を行う予定だ。変更可能なパークチケットを変更する場合、差額の精算と変更手数料が必要になる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。