台湾観光局、木村拓哉さん起用の観光PRスタート、150名超の観光代表団の来日も

台湾観光局は、2015年10月1日から「アイ・ラブ・タイワン」をメッセージとした新CMの全国放映を開始する。秋から冬に向けて、暖かい台湾への旅行を促進することを目的とした内容で、同時にウェブサイト上に人気アイドルSMAPの木村拓哉さんが出演するプロモーション動画も公開。日本人旅行者の拡大を目指す。

【動画】台湾観光局プロモーションフィルム 2015-2016

このほど台湾観光局から謝謂君局長を名誉団長とする各地方自治体、現地旅行会社、ホテル、観光施設などで構成する約150名の台湾観光代表団が来日。ツーリズムEXPO2015の開催に合わせ、東京・名古屋・大阪の3都市で旅行業界を対象にしたセミナーとワークショップも実施し、堅調な両国の交流拡大へ向けた活発な商談を繰り広げた。

2014年の訪台日本人数は約163万人超で前年比15%増、訪日台湾人数は297万人超で約26%増と堅調。2015年は1~8月までの累計が訪日台湾人数は246万人で30%増と引き続き堅調である一方、訪台日本人数は4.4%減の約105万人となっている。


IMG_0137セミナーにあわせて開催された旅行業界との懇親会で台湾観光局の謝謂君局長(写真右)は、今年の状況が為替などの影響を受けていることを指摘。日本人旅行者の拡大に向けてプロモーション強化を進めることをアピールした。今回スタートしたテレビCMなどが、その一環だ。

台北駐日経済文化代表處の沈斯淳駐日代表は、両国間の好意的な交流拡大に向けて、さらに邁進していくことを祈念した。


IMG_0173この懇親会には、旅行業界の各社トップも参加し、日本旅行業協会会長の田川博己氏も挨拶に登壇。台湾への送客を、旅行業全体として盛り上げていく決意を語った。

今回公開されるCMは、従来からの「Time for Taiwan~思い立ったが台湾吉日!」をベースに、距離も心も近い台湾への旅を誘う演出がなされた作品。放映開始に先駆けては、9月27日から東京・渋谷スクランブルでの大型4面ビジョンや大阪・道頓堀ビジョンで60秒スペシャル編を放映する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。