東急、訪日外国人向けに全線で乗降自由の1日券、ホテルやビッグカメラでも販売

東京急行は2015年12月1日から、訪日外国人を対象に、東急線全線を1日乗り降り自由とする「東急ワンデーオープンチケット」を発売した。

東急では2015年9月から、訪日外国人向けのワンデーチケットを販売していたが、販売個所は駅の自動券売機のみ。また、使用は購入日当日に限定していた。これを、販路は東急線沿線の東急ホテルズや東急ステイ、テコプラザ渋谷駅、ビッグカメラ東口店にも広げ、使用日も最長6か月間のなかから選べるようにした。価格は660円。あわせて、沿線の観光情報を紹介するリーフレット(英語)も提供する。

なお、東急では沿線に渋谷や代官山、自由が丘など、訪日外国人が訪れる街が多数あるとし、2020年の東京オリンピックに向け、訪日外国人客を取り込む施策を強化している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。