2016年にフォローすべき世界の旅行インスタグラマー10選 ―米旅行メディアが選定

読者のみなさんは「インスタグラム(Instagram)」をお使いだろうか?

インスタグラムは筆者のお気に入りのソーシャルメディアサービスのひとつ。驚くほど素敵な写真が毎日たくさんシェアされるところが最大の魅力だ。ただ、何億人ものユーザーが日々投稿する写真からベストなものを探すのはなかなか難しい。

そこでこの記事では、みなさんにお勧めしたい「2016年にフォローすべき世界の旅行インスタグラマー10選」をリストアップして紹介する。


1. US Department of the Interior (usinterior)

このアカウントは米国内務省のもの。同省が環境保全のために屋外施設や自然を守るだけでなく、対外的なプロモーションもやっていることを知らない人もいるだろう。すでに80万人以上のフォロワーがいるこのアカウントでは、1日に1~4回にわたって素敵な写真を投稿し続けている。私が大好きな写真の一つはWan Shi氏が撮影したもので、ユタ州のグレンキャニオン国立レクリエーションエリアの遠景写真だ。私もいつかこの目で、実際の光景を見てみたいと切に願っている!


2. Pete Halvorsen (petehalvorsen)

  Sunrise Sessions   Pete Halvorsenさん(@petehalvorsen)が投稿した写真 -

Pete Halvorsenは世界中を旅する写真家。NPOや5つ星クラスのラグジュアリーブランドを手掛けるコンテンツプロデューサーの仕事をしている。2014年に米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー(Busness Insider)」で「インスタグラム上のベスト旅行写真家」の一人に選ばれたこともある。Peteはすごい奴(私と彼は同じ街に住んでいる)で、その作品を目にすれば誰でも、彼が生命と人類、そして物語をシェアすることに夢中になっているのがわかる。もしもインスタグラムで彼をフォローしていなければ、すぐフォローしてみてほしい。


3. Garry Norris (garry_norris)

Perfect way to start the journey out of Sydney Harbour on board the #pacificaria @pocruises

Garry Norrisさん(@garry_norris)が投稿した写真 -

Garry Norrisは、オーストラリアのクイーンズランドを拠点にしている旅行家。ものすごい数のユーザー(およそ12万5000人)が彼のアカウントをフォローしている。その理由は単純で、彼が世界中の旅先で信じられないほど素晴らしい写真を撮り続けるからに他ならない。そう、彼の写真は見た人すべてに、強烈な"旅ごころ(旅行熱ともいう)"の症状を与えてしまうのだ!


4. Mary Quincy (mary_quincy)

2014年のこと、私はポルトガルのドウロ渓谷沿いを運航するバイキング・リバー・クルーズ船上で、このアカウントの持ち主Mary Quincyに会った。そして、彼女がインスタグラムで人気急上昇中の、才能あふれる写真家だとすぐに気づいた。彼女には6万5000人以上のフォロワーがいて、皆が素晴らしい写真に夢中になっている。主だった写真は彼女の住まいがあるパリで撮られたものだが、最近はあちこちに旅行をしているようだ。このアカウントをフォローすれば、きっと、旅に出たい想いを満足できるはず。


5. Lee Abbamonte (leeabbamonte)

Teteto Beach on Rota looks like this, for real! #spgamex Follow my snaps LeeAbbamonte for more from Rota and Guam!

Lee Abbamonteさん(@leeabbamonte)が投稿した写真 -

Lee Abbamonteは、最年少で世界中すべての国(!)を訪れたことで有名なアメリカ人だ。すべての国を旅行してしまえば、あとはのんびり過ごすものと想像する人がいるかもしれないが、とんでもない。インスタグラムのフィードから、彼が以前にも増してあちこちに旅行し続けている様子がわかる。Leeはインスタグラムと付き合い始めるのが遅かったが、いまやもう、嵐のように一日に何枚も、自宅にいるときでさえ旅行先の写真をアップしてくれている。 ――実のところ、彼にインスタグラマーになるよう軽く後押ししたのは、この私だ。


6. Chris Burkard (chrisburkard)

Chris Burkardは、カリフォルニアのセントラルコーストをベースに活動する独学派の写真家でありアーチスト。彼の作品は、サーフィンやアウトドア、ライフスタイル、旅行といった分野に広くまたがっている。フォロワーの数はなんと130万人! エネルギーを感じる絶景やわずかな瞬間をとらえる彼の作品を一度見れば、その理由がきっとわかるはず。彼はいつも野性的で、旅行先での不思議な光景を探している。まだ29歳だけれども、すでにサーフィンやアウトドア業界でその名を知られた人物でもある。


7. Trey Ratcliff (treyratcliff

Night in Bora Bora with bungalows over the turquoise sea... #borabora #night #stars #milkyway

Trey Ratcliffさん(@treyratcliff)が投稿した写真 -

素晴らしい旅行写真ブログ「StuckInCustoms.com」作成者として有名な人物が、Trey RatcLiffだ。このブログでは、彼が得意とするHDR(高画質化技術、ハイダイナミックレンジ)テクニックを使った写真の撮り方を指南している。スミソニアン博物館で、初めて展示されたHDR写真は彼の作品だった―― そんな栄誉を得るほど、このアカウントの写真にはとてつもない魅力がある。彼の写真に対するグーグルのビュー数は1000億以上。そしていま、インスタグラムでも人気急上昇だ。Treyはアメリカで育ったが、今は家族とニュージーランドに住み、たぶん私よりもたくさん旅をしながら撮影しているに違いない。


8. Murad Osmann (muradosmann)

  #followmeto Varanasi, India with @natalyosmann. My favorite one so far :).   Murad Osmannさん(@muradosmann)が投稿した写真 -

インスタグラムで出会える「最高に美しい写真」の何点かは、おそらくロシアの写真家Murad Osmannのアカウントから投稿されたものだろう。彼とパートナー(以前はガールフレンド、今は彼の奥さん)のNatalia Zakharovaは、世界中を探索して回っている。ウェブニュース「The Daily Mail」によれば、「#followmetoシリーズ」の美しい写真誕生の発端は、NataliaがせっかちだったことにあるとMuradは主張しているらしい。彼女はいつもいつも、写真を撮るために立ち止まってしまうMuradの手を引っ張って急かしていたそうなのだ。彼はやがて300万人以上にフォローされる人気インスタグラマーとなり、最近では出版や広告の契約や、多数の雑誌記事を扱うほどになっている。


9. Gary Arndt (@everythingeverywhere)

Hillside houses in Port-au-Prince, Haiti

Gary Arndtさん(@everythingeverywhere)が投稿した写真 -

Gary Arndtは、年に一度、世界旅行をするために自分の会社と家を売り払った。旅することをそれほど愛し、いまもずっと旅を続けている彼は、すでに7つの大陸と100か国以上を網羅し、その途中で素晴らしい写真を撮る方法を真剣に学んできたという。その腕前は、彼がSATW(Society of American Travel Writers、米国トラベルライター協会)主催の「トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(2014年)」を獲得したことでもわかる。現在、このアカウントをフォローする人数は6万人以上。すべての写真が彼自身の手で撮影されたものだ。インスピレーションを得たいときやただ美しい写真を探しているときは、まず彼のアカウントをフォローするのが正解だ。


10. Natalie DiScala(nataliediscala)

One last look at the stunning architecture in Lisbon. You have to look up, down and all around to really appreciate it all. Tomorrow: Porto! #VikingSocial Natalie DiScala, Toronto ✈️ LAさん(@nataliediscala)が投稿した写真 -

最後に、私自身のひいき目を交えつつ、大事な写真家を紹介しておこう。私の美しい妻、Natalieを忘れてはならない。まず、彼女は数えきれないほど旅行をしている(彼女は3つの航空会社のエリートステータス会員だ)だけでなく、"機内持込みOKの手荷物だけの旅行"といった上手でかっこいい旅行方法をよく知っている。さらに重要なのは、妻は写真家としての眼を持ち、誰にも負けないほどインスタグラムを使った写真撮影の方法を知っていることだ。少しだけ例を挙げるなら、実際に彼女の作品は、アメリカの実業家Martha Stewartのほか、撮影対象となった美しいホテルの運営者などから「リグラム(インスタグラムで投稿をシェアすること)」されている。

彼女はデジタルマガジン「Style at Home」の編集者として15年にわたって仕事をし、個人ブログ「Oh! Travelssima」の記事も書いている。2012年に結婚した後(クレイジーなウエディングパーティの様子はここから!)、妻は自分の時間をトロントとロサンゼルス、さらに世界中へ振り分けて使うようになった。こんなすごい女性と一緒に60か国を回れたことに私は幸せを感じる。妻であり、旅行の同伴者でもある彼女と過ごせる私は、世界一ラッキーな男だと思っている。

さて…、もう一つだけ忘れてほしくないアカウントを紹介しておきたい。読者のみなさんが私自身の作品に興味があれば、ぜひ @JohnnyJet.のアカウントもフォローしてみてほしい。

Should I watch Monday Night Football or go surfing? #Waikiki #Hawaii #SPGAmex #SPG #SPGLife

Johnny Jet | Los Angelesさん(@johnnyjet)が投稿した写真 -


※この記事は、アメリカの旅行産業メディア「JohnnyJet.Com」 編集部より日本語化の許諾を得た翻訳記事です。(トラベルボイス編集部)

オリジナル記事: 10 Travel Instagram Accounts to Follow in 2016

jj-logo-new


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。