電通がオンライン旅行でセミナー開催、OTAビジネスの課題からシェアリングまで100名限定で

電通の観光ユニット会OTA分科会は2016年3月18日、第2回オンライントラベル最新動向セミナーを開催する。

セミナーは3部構成で、OTAと宿泊施設の代表が「ビジネスの課題」について議論を交わすほか、スタートアップ企業による「日本の旅行ビジネスの課題」のセッションも実施。さらにシェアリングエコノミーの活用による「インバウンド集客と地方創生」では、民泊やMICEベニューのマッチングサイトのほか、実際の民泊の貸主である“スーパーホスト”も登壇する。

現在、参加者を募集しており、会費はセミナー後の交流会参加費を含め、1人3000円。先着100名限定だ。概要と申込先は以下の通り。


▼第2回オンライントラベル最新動向セミナー

  • 日時:2016年3月18日 16:00~18:30(交流会 18:30~19:30)
  • 会場:電通本社14階141会議室(受付:1階ロビー専用カウンター)
  • 会費:3000円(当日受付払い)
  • 定員:100名(先着)
  • 申込み先:Eメール ota@dreamedge.co.jp

※申し込みの際は件名を「OTAセミナー申込」とし、(1)代表者氏名、(2)勤務先・部署名、(3)参加人数を明記する。

【2月23日追記】このセミナーは、2月23日段階で定員に達し、募集を終了している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…