熊本地震、旅行・航空各社の対応一覧、クラブツーリズムは5月10日まで出発中止に

熊本地震の発生を受け、旅行各社は日本人・外国人のツアー参加者の無事を確認し、地震の影響が大きな熊本県、大分県のツアーで出発を中止している。また、クラブツーリズムは熊本県・大分県の在住者の国内・海外旅行ツアーのキャンセルについても5月10日まで取消料免除とすることを発表した。

以下に旅行・航空各社の取扱い方針をまとめた。(4月18日18時現在)

▼JTB

JTBは、熊本、大分、宮崎(高千穂エリア)の4月22日出発までの宿泊を伴う国内ツアーで、取消料を免除する。23日以降については、後日決定する方針。

▼エイチ・アイ・エス(HIS主催国内ツアー)

4月22日(金)までの出発予約のうち、熊本県施設宿泊、熊本空港発着、大分空港発着、大分県宿泊関連記録があるツアーは取消料なしで対応する。


▼クラブツーリズム

熊本県/大分県の湯布院温泉/宮崎県の高千穂地域の観光または宿泊を含むツアーと九州新幹線を旅程に含むツアー、熊本空港発着の航空機を利用するツアーは、5月10日出発分まで出発を中止。それ以外の九州方面ツアーは、ツアー運行に支障がある場合を除き、原則として通常通り出発する。

また、熊本・大分県内在住で、5月10日出発までのツアー申込者には、取消料なしで対応する。


▼楽天トラベル

国内宿泊については、予約済みのホテル単品の予約はウェブサイトから対応。キャンセル料は宿泊施設のキャンセルポリシーに準じる。レンタカーも同様の取り扱いとなる。

宿泊と航空券のダイナミックパッケージ「ANA楽パック」と「JAL楽パック」は4月22日出発分まで九州の全空港発着路線を対象に、手数料無料でキャンセルに対応。熊本空港発着分は5月8日までを対象期間とした。

また、搭乗予定便が欠航となった場合は全額返金することなどを発表。オペレーションセンターにて代替便への変更対応なども行う。高速バスは、運航中止の場合は全額返金。


▼全日空(ANA)

福岡空港、佐賀空港、大分空港、熊本空港、長崎空港、宮崎空港、鹿児島空港を発着するANA便の航空券について、手数料無料で変更(振替)や払い戻しに対応する。

対応期間は熊本空港のみ5月8日まで、それ以外の空港は4月22日までの予定。


▼日本航空(JAL)

福岡空港、北九州空港、大分空港、長崎空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港を発着するJALグループ国内線について、手数料無料で変更(振替)や払い戻しに対応する。対応期間は4月22日までの予定。


▼JR九州

九州新幹線(博多~鹿児島中央間)など、運転見合わせ区間を予約済みの場合は、手数料なしで払い戻しに対応する。自動払い戻しではないので注意が必要。すでにチケットを受領済みの場合は乗車日の1年以内であれば対応可能。

※上記の情報は今後変更になる可能性がある。各社の最新情報は上記および以下ウェブサイトなどを確認されたい。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。