デルタ航空、長距離国際線に新エコノミー座席を導入、離陸前のドリンク提供などビジネスクラス的なサービスも

デルタ航空は2017年後半、一部の長距離国際線にプレミアム・エコノミークラス「デルタ・プレミアム」を導入する。

デルタ航空ではこれまでも、国内線と国際線で「デルタ・コンフォートプラス」を提供していたが、デルタ・プレミアムではシートピッチを最大約96.5センチ、シート幅は最大48.3センチ、リクライニングは約17.8センチとゆとりをもたせたほか、可動式のレッグレストとヘッドレストも設置。離陸前のドリンクサービスや特別デザインの食器での機内食、TUMIのプレミアムキットの提供など、さらに上質なサービスとした。

デルタ・プレミアムはまず、2017年秋に導入予定のエアバスA350型機材に導入。A350型機では個室型ビジネスクラスが32席、デルタ・プレミアムが48席、エコノミークラスが226席の計306席とする。2018年にはボーイングB777型機に順次導入。その後、他の機材にも導入する可能性があるとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。