LCCバニラエア、ネットで就航地の現地ツアー予約と連携、個人旅行のタビナカ需要に対応

LCCのバニラエアは2016年12月5日、現地ツアー予約サービス「ベルトラ」との連携を開始する。バニラエアの公式ウェブサイト経由でベルトラのツアーを予約できるようにしたもの。日本語サイトから連携を開始し、その後外国語サイトでの展開も進める計画だ。

バニラエアが就航する都市は、国内(札幌、函館、東京、大阪、奄美大島、沖縄)や海外(台北、高雄、香港、ホーチミン、セブ)の11都市。ベルトラによるツアーの提供は、これら11都市での約1200種類を予定する。例えば2016年12月25日に新規就航を予定するセブでは約100種類、2017年2月就航の函館では40種類のツアーを提供。バニラエアでは今回の連携を通じ、国内外の個人旅行客のタビナカ需要に応えていく考え。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。