宮城県が「ポケモンGO」のイベント効果を発表、人気「ラプラス」出現で観光客約10万人、観光消費額は約20億円に

宮城県観光課は、2016年11月12日に石巻市で実施したポケモンGO関係イベントと、同イベントと時期をあわせてポケモンGOゲーム内のイベントによる観光客入込数と経済効果を発表した。

宮城県が石巻市で実施したイベント「ポケストップ追加企画 Explore Miyagi」には1万人以上が来場。イベントでは、ポケストップの追加申請だけではなく、捕獲したポケモンの計量大会やポケモンと一緒に撮影した被災地復興フォトコンテストなどリアルとゲームを融合したイベントを実施。石巻周辺を訪れる4コースの復興バスツアーも催行した。

さらに、ポケモンGOが行なった東北・太平洋沿岸部での人気ポケモン「ラプラス」出現をあわせ、石巻市の観光客入込数は2016年11月11日~21日までの11日間で、約10万人に達した。期間中の観光消費額(試算)は約20億円だという。

入込数の内訳は、県内からの日帰り客が6万5000人、県内の宿泊客数が5000人、県外からの宿泊客数が3万人。これに、県内日帰り平均消費額4500円、県内宿泊平均消費額2万6100円、県外宿泊平均消費額3万6300円を乗じ、交通費の片道分を除いた12億4800万円を直接効果額とした。これに第1次、第2次波及効果として7億4600万円を追加し、総合波及効果を算出した。

なお、宮城県では岩手県や福島県、熊本県とともに、ポケモンGOと連携した被災地域の観光復興を目指し、取り組んでいる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。