AI(人工知能)活用の海外ガイドサービスを開発、チャットボットで旅行者に観光地情報、日本人の米国旅行で実証実験

ジェーシービー(JCB)と電通国際情報サービスのオープンイノベーションラボ(イノラボ)は、AI(人工知能)を活用したチャットボットで海外観光ガイドを提供するサービスを開発した。1月下旬に実証実験を行ない、観光地や大型商業施設に対する本格的な商業サービスの展開を目指す。

同サービスは、観光地や商業施設などのガイド情報を、チャットボットを通して旅行者に提供するもの。旅行者はLINEやFacebook Messengerのチャットを通して質問をしたり、メニューから調べたい情報を検索できる。これに対し、チャットボットが速やかに回答を行なう。

さらに、旅行者の入力情報にあわせ、観光地や商業施設側から各種情報をプッシュ配信する機能も設けた。これにより、旅行者の回遊や消費を促進していく。

実証実験の実施期間は、2017年1月23日~27日まで。日本人の旅行者40名をモニターとし、シリコンバレーで行なう。サンフランシスコ観光や大型商業施設「ウエストフィールド」の案内を中心に、ツアー旅程の情報などをチャットボットで提供する。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。