旅行記録の共有サービス「Compathy(コンパシー)」が1.3億円の資金調達、旅行計画・予約機能など強化へ

旅行記録の共有サービス「Compathy(コンパシー)」を運営するワンダーラストは、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。引受先は、モバイル・インターネットキャピタルとSMBCベンチャーキャピタルのファンド2社。

今回の資金調達により、収益化施策とする旅行計画・予約機能を中心に開発・運営を強化。同時に、海外展開を含むマーケティング施策と体制強化を実施する方針だ。

ワンダーラストではコンパシーを、個人旅行者向けにタビマエからタビナカ、タビアトのすべての旅行シーンで使えるワンストップサービスとし、これからの時代の新しい旅のカタチを提案するとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。