デルタ航空と大韓航空、太平洋路線で共同事業を開始、売上げ共有などで乗継ぎ利便性向上へ

デルタ航空と大韓航空は2017年3月29日、太平洋路線における共同事業(ジョイントベンチャー)を実施する覚書に調印した。提携関係を強化し、太平洋路線を拡張して、米国/アジア間の市場競争を促進していく。

共同事業では、対象のフライトの売上げとコストを共有し、シームレスな乗継を実現するためのフライトスケジュールを調整。両社あわせ、米大陸290都市以上、アジア80都市以上へのネットワークで、多くの選択肢を提供する。さらに、マイレージプログラムの特典を拡大し、両社のマイレージプログラム間のマイル獲得と利用も可能とする。

デルタ航空は2017年6月3日、アトランタ/ソウル線の運航を開始。大韓航空が運航する同路線を補完する。大韓航空は今夏、ソウル/ロサンゼルス線を1日3便、ソウル/サンフランシスコ線では1日2便へと、それぞれ増便する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。