貸切バスの事業認可更新制度がスタート、2017年4月1日から ―国土交通省

国土交通省は2017年4月1日から、貸切バス事業許可の更新制度を導入する。昨年12月に成立した道路運送法の一部改正に伴うもの。

既存業者については、2017年4月1日から2022年3月31日までの間に順次実施する必要がある。初回更新日は、事業認可を受けた年の「西暦下一桁」に応じた事業認可日が設定される。更新期限は全事業者に通知されるほか、国土交通省のホームページのほか運輸局でも公示する予定。

また、新規・更新申請時には申請書の添付書類として「安全投資計画」と「事業収支見積書」の提出が求められる。

なお、2017年4月1日から6月末までに申請が必要な事業者については、経過措置が用意されている。詳細は以下ページまで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。