沖縄県、「スポーツ×観光」を促進で補助金制度、大規模イベントの立ち上げで最大2000万円など

沖縄県はこのほど、2017年度の「スポーツツーリズム戦略推進事業」募集を開始した。民間企業などが取り組むスポーツ関連イベントについて、最大2000万円の補助をおこなうもの。同県では、温暖な気候や「観光立県沖縄」としての環境充実などを強みにスポーツツーリズムの活性化と定着、拡充を進める考えを示している。

同事業ではこれまで、20競技のべ50団体の事業を採択して支援を実施。例えば、県外から2000名以上の集客実績をもつ「沖縄コーポレートゲームズ」「美ら島オキナワ CenturyRun」や、子供を対象にした新分野のスポーツ「プッシュバイク Okinawa2016」、冬のビーチを活用したモデルイベント「ビーチドッチボールフェスティバル」などの成功に寄与した。

補助の対象となる事業は4種類に分かれており、新たに立ち上げる大規模スポーツイベントを対象にする「スポーツツーリズム新規事業特別支援枠」は最大2000万円を補助。それ以外の中小規模の新規事業支援枠は最大1000万円、開催後2~3年目のイベント事業を対象にする「スポーツ定着化枠」は最大800万円、定着したイベントについて新たな誘客に取り組む事業を対象とする「スポーツツーリズム拡充枠」は最大1000万円が限度となる。

なお、沖縄観光コンベンションビューローでは沖縄のスポーツ旅行やアクティビティを紹介するサイトも運営。「スポーツアイランド沖縄」の魅力を発信している。

詳細は以下まで。




みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。