JAL、豪メルボルン線とハワイ・コナ線の直行便を開設、2017年9月から

日本航空(JAL)グループは2017年5月29日、2017年度路線便数計画の一部変更を発表した。2017年9月1日から成田/メルボルン線、9月15日から成田/コナ線(ハワイ)の直行便を新たに開設するもの。

新規就航スケジュールは以下のとおり。

成田/メルボルン線

  • JL773:成田発10:30/メルボルン着21:55
  • JL774:メルボルン発0:05成田着 09:05
  • 使用機材:787-8(SS8)
  • クラス:ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミー

※2017年9月1日から(メルボルン発は9月2日から)毎日運航

※サマータイム期間の10月1日~28日は一部発着時刻が変更となる

成田/コナ線

  • JL770:成田発21:25コナ着10:15
  • JL779:コナ発12:15成田着 16:00(翌日)
  • 使用機材:767-300ER(SS6)
  • クラス:ビジネス、エコノミー

※2017年9月15日から毎日運航

※10月1日~28日はJL770便は10分早着、JL779は10早発

今回の決定を受け、 オーストラリア政府観光局では早速コメントを発表。本局局長ジョン・オサリバン氏は 、今回の就航を「良いタイミング」として、近年の日本人渡豪者数の堅著な伸びをさらに後押しすると歓迎。「日本におけるオーストラリアへの“サードウェーブ”(第三のブーム)を牽引するものと信じています。」と期待を寄せている。

なお、JALでは同時に需要動向によって成田/パリ路線(JL415/416)を10月29日から運休することを発表。羽田/パリ線はデイリー運航を継続する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。