旅行会社から返室される客室の再流通をスムーズに、宿泊予約サイト管理「手間いらず」とJRシステム「らく通with」の連携強化で

比較ドットコムが宿泊施設向けに提供する宿泊予約サイト一元管理システム「TEMAIRAZUシリーズ」が、鉄道情報システム(JRシステム)が展開する「らく通with旅行会社版」とのシステム連携を強化した。これにより「手間いらず」シリーズで、返室や再販売機能の利用が可能となる。

両システムは、これまでも連携されており、JTBや近畿日本ツーリストなど旅行会社(リアルエージェント)の宿泊予約通知や販売数表示機能を持っていたが、返室処理は別管理となっていた。

らく通with旅行会社版との連携後は、自動返室処理が可能となるうえ、返室された客室を自動または手導で旅行予約サイト(ネットエージェント)に再販売可能に。併せて、それらの返室数や予約数が管理画面でまとめて表示されるようになる。

システム概要は以下のとおり。

比較ドットコム:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。