LCCスクートとタイガーエア・シンガポールが合併、7月25日から「スクート」ブランドに統合【動画】

シンガポール拠点のLCCスクートが2017年7月25日にタイガーエア・シンガポールと合併することが決定した。以降は運航をはじめ、ウェブサイトや空港チェックインカウンターなどがスクートブランドに統合される。スクートの2レターコードはTZからTRに変更。運航スケジュールはこれまで通りとなる。

また、スクートは現在保有するボーイング787ドリームライナーのほか、現在タイガーエアとして運航中のエアバスA320シリーズも保有ことになるが、日本発着便は現状通りB787ドリームライナーでの運航を予定。2018年中旬までにA320の機材はすべてスクートの塗装を完了。キャビンクルーのユニフォーム刷新も予定されている。

スクート&タイガーエアがひとつに!(Youtube:約1分30秒)

https://youtu.be/SSENf_DNbQg

両社の合併に関するQ&Aなどの詳細は以下のページまで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。