LINEがショッピングサービス開始、100社以上の商品を検索可能、2018年には流通総額1000億円目指す

コミュニケーションサービス「LINE」が2017年6月15日、LINE上で買い物ができる新サービス「LINEショッピング」を開始した。外部アプリの追加インストールは不要。

「LINEショッピング」では100社以上の企業やファッションブランドの商品を検索可能で、商品を選択した後は各販売サイトで決済をおこなう流れ。商品名のほか、「ファッション」「インテリア・家具」「日用品・生活雑貨」といった約30種類のカテゴリやショップ名から絞り込むことも可能だ。

また、LINEショッピング経由で買い物をすると、購入金額の最大20%がLINEポイントとして配布され、そのポイントは1ポイント1円として利用できる「LINE Pay」や「LINEコイン」と交換できる。還元率はショップやブランドに応じて異なる。

LINEでは2016年より「スマートポータル戦略」を展開。LINEを入り口としてすべての人と情報、サービス、企業・ブランドをシームレスに連携する取り組みを進めているところ。2017年夏からデリバリーサービス「LINEデリマ」も開始する計画に加え、今後ショッピングサービスではオフラインとの連携強化も進める方針を示しており、2018年度の流通総額は約1000億円を目指すとしている。

LINE:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。