ニュージーランド航空、オークション方式で座席アップグレードが可能に、日本路線で導入

ニュージーランド航空は、2017年9月28日から、航空座席をオークション方式でアップグレードできるシステムを日本路線で導入する。航空券を購入した旅客が、搭乗便出発日の 72時間前までに同社公式サイトから希望するクラスの金額を入札するもの。入札結果は、入札金額・残席数・予約席数・マイレージプログラムのステータスなどで査定され、搭乗便出発日の 3~5日前にメールで回答する。

新サービスは「OneUpアップグレード」の名称で、「エコノミー」「プレミアム・エコノミー」の予約をもつ旅客がひとつづつ上位座席にアップグレードできる内容。オークション入札画面では、入札価格に対して落札の可能性も確認することができるという。

複数区間にわたるフライトの場合は、各区間ごとに入札が可能。マイレージ会員のステイタスにより、50%、30%、10%の加算の仕組みも備えている。

ニュージーランド航空「OneUpアップグレード」

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。