小田急電鉄、新型ロマンスカー「GSE」の概要発表、一枚ガラスの展望車両や無料Wi-Fi設備など

小田急電鉄は2017年12月5日、新型特急ロマンスカー70000系を発表した。開発コンセプトは「箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー」。愛称は「優雅さ」を表す「Graceful」を用いて「GSE(Graceful Super Express)」とした。

大型の一枚ガラスを用いて眺望を向上させた展望車両があるのが特徴。また、先頭車両で荷棚をなくして車内を開放的に見せたほか、車両側面窓はVSEやMSEよりも30センチ高い100センチに設計。窓の繋ぎ目を極力少なくして外の風景を十分楽しめるように工夫した。

車内無料Wi-Fi設備も用意し、展望ライブ映像やGSEメイキングビデオといったコンテンツ配信もおこなう。

そのほか、安全・安心面の配慮も向上。防犯カメラの設置、授乳や休憩に使える多目的室の提供、案内用の展示の設置や改良型ハンドル形式の電動車いすの乗車対応(対応トイレ、乗車スペースの設置)、車両の異常挙動検知装置や編成滑走制御なども搭載した。

営業運転開始は2018年3月中旬。運行スケジュールは、土休日は新宿/箱根湯本間を3~4往復、平日は同区間2~3往復を予定する。

小田急電鉄:報道資料より
小田急電鉄:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。