津軽海峡フェリー、本州/北海道のクルマ乗船で通年割引を延長、ドライブと船旅の自由旅を訴求

津軽海峡フェリーは、2018年12月31日まで青森/函館、大間/函館航路の1割引きサービスを展開する。

2017年4月から展開している「海割(うみわり)ドライブ」サービスは、青森/函館航路で1万4800円、大間/函館航路で1万1800円と、乗用車1台分の最安値期間から10%割り引いた運賃に設定。車1台とドライバーを含めた最大8人まで定額運賃で乗船できる。開始後4~11月の利用実績が青函航路で約2万4000台、大函航路で約3400台と好評なため、期間を延長してさらなる販促を図る。

同社は「車で移動すれば、旅はもっと楽しくなる」をコンセプトに、フェリーだからこそできる「ドライブと船旅を掛け合わせた自由度の高い旅行」を低価格で提供することを事業目標に設定。2017年12月15日から無料Wi-Fiサービス「津軽海峡Wi-Fi」を開始するなど、利便性の高い商品や企画の開発に注力。津軽海峡エリアの観光産業の需要喚起に貢献したい考え。

割引後の定額運賃は、青森/函館航路で小型車(6メートル未満)1万4800円、軽自動車1万1800円、大間/函館航路で小型車1万1800円、軽自動車8900円。乗船日の5日前までに同社サイト上で予約と事前決済を行うことが条件。等級はスタンダードのみとなっている。

予約先は以下のサイトまで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。