民泊エアビーが新戦略を発表、グレード制度など注目の4つのポイント、10年後に年間ゲスト数で10億人を目標に

Airbnbブライアン・チェスキー氏(提供:AP通信)

民泊Airbnb(エアビーアンドビー)は、2018年2月22日(米国現地時間)、今後10年を見据えた新たな事業戦略を発表した。米サンフランシスコで創設10年目となる節目に開催されたイベントで、共同創業者のブライアン・チェスキー氏が登壇して解説したもの。

発表によれば、新たな取り組みとして、部屋タイプの見直しや新グレードの追加、用途別のAirbnbコレクション、評価制度の改訂などを盛り込み、あらゆる旅行者にローカルならではのパーソナルな体験を提供。2028年までに10億人の年間ゲスト数を目指すものとした。

具体的な取り組みとしては、以下の4点だ。

1. 新たな4種類の部屋タイプ

2018年夏より、「バケーションホーム」、「ユニークな施設」、「B&B」、「デザイナーズホテル」の4タイプを新たに追加。従来の「まるまる貸切」、「個室」、「シェアルーム」の3タイプと合わせて7タイプの部屋を提供。これにより、ホストは独自性を表現しやすく、旅行者は選択肢が拡大する。

2. 新しいグレード制度

ゲストが求める物件を探しやすくするため、新たにグレード制度「Airbnb Plus」と「Beyond by Airbnb」を追加する。「Airbnb Plus」では、美しい家や信頼できるホストと安心して宿泊できる部屋を求めるゲストの物件を提供する。「Beyond by Airbnb」では、部屋の清潔さや快適さ、デザイン性などに関するチェックリストで100点以上を取得した部屋のみを認定。この認定を受けたホストは、家の設計相談やプロの写真家による撮影、プレミアムサポートなどのサービスが提供される。

3. Airbnbコレクション

あらゆる旅にピッタリのスペースを提供するための「物件コレクション」を新たに開始する。2月22日(現地時間)から第一弾として「ファミリーコレクション」「出張コレクション」を公開。今後「ソーシャルステイ」「ウェディング」「ハネムーン」「グループゲートウェイ」「ディナーパーティ」といったコレクションも公開する予定だ。

「出張(Work)タイプ」の部屋のイメージ:Airbnb報道資料より「ファミリータイプ」の部屋のイメージ:Airbnb報道資料より

4. 評価システムの刷新

優れたホストに与えられる称号「スーパーホスト」のプログラムを刷新。すでに40万人におよぶスーパーホストには、新な機能やカスタムURLなど、新たに14項目の特典を提供し、より多くのゲストに訴求できるようにする。また、今年後半開始予定の「ゲストメンバーシッププログラム」を開始。「スーパーゲスト」プログラムを通じてAirbnbコミュニティへの還元を強化する考え。

Airbnbブライアン・チェスキー氏(提供:AP通信)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。