ANAとアリタリア航空が提携、欧州からのインバウンド需要狙いコードシェア、破綻後の財政支援は否定

ANAとアリタリア-イタリア航空は2018年3月23日、包括提携契約を締結した。これにより、2018年10月28日の冬ダイヤから日本/イタリア線と日本、イタリアそれぞれの国内線でコードシェアを実施するほか、マイレージ提携も行う。

コードシェアの対象なる路線は、アリタリアが運航する成田/ミラノ、成田/ローマの国際線、イタリア国内線はローマを発着するミラノ、ベネチア、トリノ、ボローニャ、フィレンツェ、ナポリの6路線、日本国内線は成田を発着する札幌、仙台、大阪、福岡、那覇の5路線。

現在、日本からイタリアへの旅行者数は年間約40万人、イタリアから日本への旅行者数は年間約13万人。ANA常務執行役員の藤村修一氏は会見で、「日伊間の交流は現在アンバランス。コードシェアの実施でイタリアからのインバウンド需要を拡大させることができるのではないか」と話し、双方向交流の促進に期待を寄せた。

また、アリタリア最高戦略・オペレーション執行役員のマッシモ・イラチ氏は、「今回の提携によって、イタリアからだけでなくヨーロッパ各地から日本に飛ぶ旅行者により多くの選択肢を提供できるようになる」とコメント。「これはファーストステップにすぎない」とし、今後さらにANAとの関係を深めていくことに意欲を示した。

ANAはスターアライアンス、アリタリアはスカイチームと、所属するアライアンスは異なるが、事業会社としての利害が一致したことから今回提携に至った。藤村氏は「今後もスターアライアンスの承認を前提に、個別の提携も進めていきたい」と話した。

アリタリアは2017年5月に経営破綻。自主再建を断念したが、藤村氏は「今回の提携に出資計画は含まれていない」と明言。イラチ氏も「ANAからの財政支援の計画は何もない」と付け加えた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。