手ぶら観光サービスで「ブロックチェーン」活用、一般ユーザーが利用しやすい仮想通貨の取引契約を記録

手荷物預かりサービス「Tebura(テブラ)」を運営する手ぶら観光協会はこのほど、仮想通貨技術を用いた新たな取り組みを発表した。仮想通貨クラウドファンディング「ICO(Initial Coin Offering)」参加者の一部に対して、ブロックチェーンに契約を記録するシステムの実証実験をおこなったもの。クラウドファンディングサポート事業をおこなうセームページ、ブロックチェーン導入支援の電縁らと共同で進めた。

手ぶら観光協会は、「Tebura」などの荷物預かりサービスをネットワーク化し、独自通貨やオープンソース、ブロックチェーン技術を活用した「非中央集権型」の仕組みを実現するために設立した組織。一般社団法人として、非営利での運営方針を掲げる。2017年11月にはICOを通じた資金調達を実施しており、現在は日本語と英語で遊休施設・空き時間・空きスペースを活用した「荷物預り 店舗」と旅行者のマッチングサービスを展開。地域活性化にもつながる「Tebura Network」の構築も進めている。

今回の実証実験では、新たに開発した「契約管理コントラクト」システムを使うことで、仮想通貨の取引に関する正確な契約を記録。具体的には、手ぶら観光協会が個々のトークン(証票)購入者との契約書を作成後、その情報を契約管理コントラクトシステムに登録。トークン購入者に契約書を送付して確認を求めた後、その結果をブロックチェーンに記録する一連の流れを実現した。一般ユーザーが利用しやすいよう、HTMLベースで契約書の情報の登録・確認ができるようにしたのが特徴だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。