楽天、民泊予約サイトを運用開始、楽天ポイントも利用可能、ホスト向けに複数サイトの予約管理システムも

民泊事業をおこなう楽天LIFULL STAYは、民泊新法が施行された2018年6月15日、民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」を公開し、予約受付を開始した。

同サイトは民泊施設や簡易宿所を運営する個人・法人のホストと旅行者をつなぐもの。一軒家やマンション・アパートの部屋、ホステルのベッドスペースなど、扱う施設はさまざま。すべて民泊新法に基づく届け出や特区民泊の認定、旅館業法に基づく簡易宿所の許可を受けた施設で、6月15日現在、1600室以上の登録があり、許認可確認済み物件で公開中の部屋は約720室となっている。

同サービスは、日本語、英語、中国語、韓国語に対応。決済はクレジットカードの事前決済を基本とし、楽天ID所有者は、「楽天スーパーポイント」を貯めたり使ったりできる。サイト上には民泊ゲスト向け特集のほか、ホスト向け情報、動画による「民泊講座」といったページも用意されている。

なお、同サービスでは、ホスト向けに予約や在庫、売上・入金管理ができる「在庫管理システム」を提供。今後、このシステムに登録した施設は、提携する宿泊予約サイト「Booking.com」にも掲載され、「楽天トラベル」、「HomeAway」、「途家」、「AsiaYo.com」、「Yanolja」でも順次掲載を開始する予定という。マンスリーマンションとして運営する場合は、別途契約のうえ、楽天LIFULL STAYが運用するマンスリーマンションサービス「LIFULL HOME'S マンスリー」との併用も可能となる。

「Vacation STAY」画面より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。