アマゾンの新スマートスピーカーで「旅行の新体験」が続々、「画像+音声」でホテル・飲食店の情報検索など、JTBやANAらがサービス開始

アマゾンが2018年6月20日、スマートスピーカー「Amazon Echo」にスクリーンが付いた「Amazon Echo Spot」を発売した。

「Alexa(アレクサ)」の音声サービスと、円型のスクリーンで画像や情報、コンテンツを見せるサービスが可能になるほか、スクリーンを利用したビデオ通話やメッセージ、呼びかけ機能なども利用できる。出荷開始予定日は7月26日。

Amazon Echo Spotの発売に伴い、各社がAmazon Echo Spotの画面をいかしたAlexaスキルを提供。旅行・観光関係ではJTBが、すでに提供しているAmazon Echo向け旅行関連サービス「JTBホテル」と「JTBお出かけチケット」で、Amazon Echo Spotではホテルやレジャー施設の検索を画像付きで行なえるようにした。

また、全日空(ANA)では、Alexaとの会話にあわせて運航状況案内を画面上に表示。利用者がタッチパネルで対象便を選択できるようにした。日本航空(JAL)は、運航状況を画面上に表示したり、現役客室乗務員が画面上に登場してトリビアクイズを出題する機能などを提供する。

このほか、リクルートでは飲食店予約「ホットペッパーグルメ」で、レストランの写真や情報を画面上でも配信。さらに、スマートホームセキュリティを提供するネットギアでは、ネットワークカメラの「Arlo」と連結させ、Amazon Echo Spotを通じてネットワークカメラとして利用できるサービスを提供する。

今後はフロントカメラを使用し、Echoデバイス間やスマートフォンなどのAlexaアプリ間で、音声操作でビデオ通話やメッセージ送受信ができるコミュニケーション機能なども提供する予定だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。