レゴランドが入場料を改定、オフ期は大幅値下げ、需給にあわせた価格変動型に

レゴランド・ジャパンは2018年7月19日に、チケット料金を改定した。新料金では、夏休みや年末年始などを含む繁忙期(ピーク期:約120日)と、それ以外のオフピーク期(約160日)の需給状況にあわせた価格設定(ダイナミックプライシング)を導入。

「1dayパスポート」は、購入時期によっても3段階の割引を設定し、ピーク期は、大人1名6200円~6900円、子供が4000円~4500円。これに対して、オフピーク期は大人が4500円~5000円、子供が3300円~3700円。従来の料金が大人6900円、子供5300円だったことから、最大で大人は2400円、子供は2000円の値引きとなる。

「年間パスポート」ではさらに、入園時期だけでなく、対象施設にも幅を持たせた3種類を設定。オフピーク期のレゴランド・ジャパンのみを対象とする「スターター」が、大人9900円、子供6500円。ゴールデンウィークとお盆期間前後、正月を除く営業日(年間約280日)に、レゴランド・ジャパンとシーライフ名古屋の2つの施設が利用できる「スタンダード」は、大人1万6400円、子供1万700円。

さらに、利用時期の限定がなく、上記2施設に加え、国内のレゴランド・ディスカバリー・センターやマダム・タッソーの年間パスポートも付く「プレミアム」は、大人2万1900円、子供1万6900円。これにより、年間パスポートは最大で、大人は従来の1万7300円から7400円、子供は1万3300円から6800円の値引きとなる。

2018年7月19日~9月2日の期間はキャンペーンとして、ピーク期の1DAYパスポートの価格で年間パスポートの「スターター」を販売。また、「スターター」と「スタンダード」は、有効期間の初回来場日は、利用可能日に関わらず利用できるようにした。

今回の価格改定は、利用客のニーズやライフスタイルに合わせ、利用しやすくするのが目的。特に1日パスについては、メインターゲットの家族客に対応し、子供料金をピーク期でも最大1300円の割引にするなど、よりリーズナブルな価格設定にしたとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…