エミレーツ航空、会員向け新アプリでタビナカ体験を拡充、観光ツアーなど即時予約も可能に

エミレーツ航空は、マイレージプログラム「エミレーツ・スカイワード」会員向けに、累積ポイントで利用できる旅行モバイルアプリ「エミレーツ・スカイワードGO」を開発した。旅行者がタビナカで利用できる各種サービスや特典を提供するもの。同じくドバイを拠点とし、利用ポイント特典などロイヤルティ事業を手掛けるエンターテイナー社が手掛けるB2Bサービスを活用した。

同アプリをダウンロードするためには、エミレーツ・スカイワードの累積6700マイルを支払う必要がある。例えば、世界20都市以上のレストランやスパ、フィットネスジムなどで、1人分の料金で2人分利用できる「2for 1」特典が利用できるほか、160以上の観光ツアーやアトラクションの即時予約が可能。そのほか、旅程作成に便利なデイ・プランナーやシティ・ガイド情報なども提供している。

エミレーツ・スカイワードは、アプリを介して行う会員とのやりとりを自社データベースとして蓄積することができるため、エミレーツ航空を利用する旅客の嗜好や、マイル利用時の行動パターンの分析が可能。将来的なマーケティング戦略や顧客とのコミュニケーション強化、タビナカ体験の拡充にも役立つとしている。

エンターテイナー社は、中近東を中心に、欧州、アジア、アフリカの都市で優待サービスが受けられるアプリをB2Cで提供。また、顧客企業のブランドを冠したB2Bも展開している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。