三井住友カード、非決済分野で新規事業創設へ、旅行アプリと連携でハワイ渡航者の志向・行動を探る実証実験

三井住友カードと海外旅行ファン向けコミュニティメディア「TRAVEL PLANET(トラベルプラネット)」を運営するBUZZPORTは2018年8月21日、ハワイをテーマとする実証実験を開始した。三井住友カードは、非決済分野での事業展開を視野に新たなマーケティング事業の可能性を探る。

具体的には、ハワイ州観光局の協力で、「TRAVEL PLANET」アプリへの登録誘導と、登録者向けのハワイモニター募集キャンペーンを実施。アプリ登録募集をおこなうのにあわせ、BUZZPORTとハワイ州観光局は共同プロモーション「TIME TRAVEL HAWAII」を展開する。アプリ内「ハワイアンコミュニティ」への投稿記事などの情報を通じて調査を行い、アプリをダウンロードした人を対象に、関空/ホノルル間の往復航空券が提供されるハワイモニター募集キャンペーンもおこなう。

今回対象とするアプリでは、ユーザー登録をおこなうと、属性のほか「今後行ってみたい渡航先や過去の渡航歴」といった旅行者としての志向、旅行記録などのデータが利用可能になるという。旅行会社や航空会社、政府観光局など旅行関連業界にとってはこれらの情報が、顧客傾向を分析し、潜在需要を掘り起こすための貴重なデータベースとなりうるため、両者は実証実験を通じて新たな事業展開の可能性検討を進める考えだ。

三井住友カードでは2017年、優れたアイデアやノウハウを持つ新興企業と共同で新規事業を共創するプログラム「三井住友カード Accelerator 2017」を実施、BUZZPORTは同プログラムの最終審査を通過している。今回は、旅行時のキャッシュレス化が進み、クレジットカード会社にとっても旅行情報サービスの充実が重視されるなか、三井住友カードが持つユーザーネットワークと旅行・観光業界でノウハウを持つBUZZPORTが連携。三井住友カードは非決済分野での事業展開を視野に取り組むかたちとなった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。