JAL、2020年に制服をリニューアル、スカーフは一般公募のデザインで

日本航空(JAL)は2020年4月、制服のデザインを一新する。JALグループが東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会公式パートナーとして掲げるスローガン「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」のもと、持続可能性に配慮した取り組みの一環として進める。

リニューアルの対象は、同社の航空運送事業に関わる全部門の制服。「一緒に創りあげる」プロジェクトとして、客室乗務員と地上スタッフが着用するスカーフのデザインは、一般公募で選定し、2020年の期間限定で着用する。公募情報などは随時、以下の特設サイトで公開する。

JAL特設サイト「Fly for it!」

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。