東海道新幹線の全駅に携帯型通訳機を導入へ、駅係員の外国人対応で、74言語を双方向に自動翻訳

東海旅客鉄道(JR東海)は訪日外国人の利便性向上を目的に、対話形式で案内ができる携帯通訳機「ポケトーク」を、東海道新幹線の全17駅に導入する。

ポケトークは世界74言語に対応した小型の双方向通訳機で、互いの音声を自動翻訳し、音声出力することで対話をできるようにするもの。切符に関する説明や駅設備、列車運行情報の案内などでの使用を想定している。

まずは2018年10月17日から順次導入を開始し、11月末までには約350個を導入する予定だ。

なお、観光庁は先ごろ、国際観光振興法の一部改正に伴い、公共交通事業者の訪日外国人旅行者の利便増進措置に必要な「基準」とガイドラインを発表。そのなかに、「外国語等による情報提供」も含まれている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。