「ウェスティンホテル横浜」が開業決定、2022年春にみなとみらい21地区に、長期滞在型の客室が半数以上

積水ハウスとマリオット・インターナショナルは2022年5月、横浜・みなとみらい21地区に「ウェスティンホテル横浜」を開業する。みなとみらい21地区は外資系企業の進出が相次いでおり、外国人ビジネス客、インバウンドなどを取り込んでいきたい考えだ。

積水ハウスが事業主としてプロジェクトマネジメントを行い、マリオット・インターナショナルがホテルを運営する。地上24階建てで、ホテル客室373室、レストラン、バンケット、スパ、フィットネスのほか、長期滞在対応型客室も201室備える予定。ウェスティンブランドは独自のウェルネスプログラムを特徴としており、自然や健康志向を体現するホテルとして高品質な滞在を提供する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。