経路案内アプリで検索された目的地ランキング2018、1位は「東京ディズニーランド」、訪日客の検索トップ20はピンポイント化

ナビタイムジャパンは「2018ナビタイム スポット検索ランキング」を発表した。2018年に、同社のナビゲーションサービスで目的地として検索されたスポットなどをもとに集計したもの。

「目的地検索スポット総合」の1位は昨年に続いて「東京ディズニーランド」となった。上位9位までの顔ぶれは同じだが、2位の「伊勢神宮内宮」は昨年より1ランクアップ、3位の「幕張メッセ」は2ランクアップなど、順位変動があった。

ランキングではこのほか、「電車」や「バス」「車」「トラック」「バイク」「自転車」など、交通手段別での検索ランキングも発表。「バス」では1位は東京ビッグサイトだが、2位「清水寺」をはじめ、トップ10以内に京都のスポットが5つもランクインしており、交通手段によって検索動向が異なることが分かる。

また、「季節別急上昇スポット」「時間帯別人気スポット」など、検索タイミングでのランキングや、「外国人観光客に人気のスポット」なども発表。訪日外国人の検索ではトップ20以内に、「京都錦市場商店街」「黒門市場」「梅田スカイビル空中庭園展望台」などがランクインし、具体的なスポットをピンポイントで検索する傾向が表れてきたという。ランキングの詳細は、ナビタイムジャパンのホームページへ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。