神田明神に文化交流館「EDOCCO」誕生、伝統×革新で国内外の観光客が集まる場に、日本の魅力を発信する新名所

報道資料より(川澄・小林研二写真事務所)

神田神社(通称・神田明神)は2018年12月、創建1300年を機に文化交流館「EDOCCO」を開業した。コンセプトは「伝統×革新」。伝統の継承だけでなく、新しい文化を創出する交流の場として、参拝者、観光客、訪日外国人など多様な人々が集まる場所にする。神田明神は境内全体をMICE、ユニークべニューの場としても活用しており、EDOCCOの施設、体験とも組み合わせることで、さらに独自性を打ち出す。

境内と一体になったEDOCCOは1階 の神札授与所、物販・飲食、2~3階の多目的ホール、4階の貴賓室、地下1階の日本文化体験スペースの5フロアで構成。古くから日本人に使われてきた道具「枡」をテーマにしたカフェでは、提供メニューの器にも枡を利用するなど神社らしい日本古来の文化を発信する。

また、和モダンのホールでは、各種式典のほか、ジャパンカルチャーの発信地としてライブ・コンサートなども実施。地下1階のスタジオでは着物の着付け、古典芸能の落語やお座敷芸なども体験でき、あちこちで江戸「粋」を感じられるようにする。各フロアには展示されたアート作品も見どころだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。