JR東日本、台湾・台北に訪日旅行サポート機能を併設するカフェ開業へ、アトレ初の海外店舗内に

報道資料より

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2019年1月10日、台湾捷爾東事業開発と連携し、台北にインバウンド拠点「JAPAN RAIL CAFE(JRC)」を開業する。JRCはシンガポールの1号店に続き2号店。店内はカフェに訪日旅行カウンターを併設。日本の食文化の提供から鉄道パスの販売・訪日サポート、日本の特定地域をプロモーションするイベントスペースまでワンステップで日本の魅力を発信し、訪日旅行喚起とともに日本の関心を持つ人たちの交流の場としたい考え。

JRCは、JRグループの商業施設アトレ初の海外出店となるBreeze南山「atre」内に開業。台北101に隣接した好ロケーションで、約40席のカフェスペースでは挽き肉と豆腐のキーマカレー、抹茶ジェラートなど、日本を感じさせる飲食メニューを提供する。訪日旅行カウンターでは鉄道パスをはじめ、航空券、ツアー、宿泊などを販売する。2019年1月に仙台、2月に岩手、3月に新潟・長野など、JR東日本管内の地域を特集した訪日旅行プロモーションも予定している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。