国内の主要旅行業者49社、2018年度の総取扱額は1.6%増、国内旅行微減・海外は5%増、パッケージ離れが進行 -観光庁(速報)

観光庁が発表した主要旅行業者49社の旅行取扱状況によると、2018年度(2018年4月~2019年3月)総取扱額は、前年度比1.6%増の5兆2246億4165万円だった。国内旅行は1.6%減の2兆8617億8105万円にとどまったが、海外旅行は5%増の2兆1214億5348万円と好調。日本の旅行会社によるインバウンド旅行の取り扱いは12.9%増の2414億713万円に伸びた。

また、四半期別総取扱額では、第1四半期4%増、第3四半期3.6%増と伸びた一方、第2四半期0.1%減、第4四半期は前年度並みだった。

上位5社の総取扱額では、最大手のJTB計12社が国内旅行3.8%減と苦戦し1.7%減の1兆7227億4645万円となった一方で、エイチ・アイ・エス(HIS)6社計が13.3%増の4876億2955万円と2ケタの伸び。阪急交通社も海外旅行が好調で7.1%増の3455億2137万円となった。

ただし、旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の総取扱額は3.4%減の1兆4755億6252万円と不振。取扱人数は3612万4350人で、そのうち国内旅行が6.1%減の3371万7171人、海外旅行が8.9%減の190万6244人と、ともにパッケージ離れが進んでいる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。