JR2社が団体専用新幹線で連携、仙台・金沢間を乗り換えなしで運行へ、旅行会社のツアーで

JR東日本とJR西日本は2019年10月、北陸新幹線と東北新幹線を乗り換えなしでむすぶ「仙台直通団体専用新幹線」を運行する。10月1日から始まる北陸新幹線開業5周年キャンペーンの一環として、旅行会社との連携で実現するもの。

往路は(金沢発・仙台着)は10月21日、復路(仙台発・金沢着)は10月23日。通常は大宮駅での乗り換えが必要な路線だが、直通運転をおこなう。途中停車駅は、黒部宇奈月温泉、富山、新高岡。両日ともE7系で運転する。

商品展開をおこなうのは、日本旅行、阪急交通社、読売旅行、タビックスジャパンの計4社。各社とも紅葉の時期に合わせた15商品を販売する。最新情報は以下まで。

JRおでかけネット「北陸新幹線で旅が広がる!」

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。