JAL、羽田空港でデジタル活用のサービス強化、システム刷新でセルフサービスを快適に

日本航空(JAL)は羽田空港国内線で、「JAL SMART AIRPORT」の実現に向けたリニューアルを実施する。チェックインカウンターから搭乗ゲートまでのデザインやシステムを一新し、デジタル活用でサービスを強化。リニューアルはエリアごとに段階的に実施し、2020年夏に全面オープンを目指す。2021年を目途に、新千歳空港や伊丹空港、那覇空港へも展開する予定だ。

JAL SMART AIRPORTで目指すのは、IT活用によるきめ細やかな人のサービスと最新技術による効率的で快適なセルフサービスの提供による空港サービス。スマートな搭乗に向け、(1)スムーズな移動、(2)落ち着いた手続き、(3)手続き方法の豊富な選択肢、(4)ニーズにあったサポート、(5)旅全体へのサポート、の5つのコンセプトに沿って実現を目指す。

例えば、モバイル端末を携行する空港スタッフがチェックインや座席変更などの手続きを、状況に応じて案内。また、スムーズな手荷物預けの実現のため、手荷物タグを発行する新型自動チェックイン機と自動手荷物預け機を設置する。また、搭乗ゲートには新型機器を導入し、QRコード・ICの読み取り精度を向上。人間検知技術も活用し、スムーズな改札と機内案内を実現する。

オープンは、南ウィングが2020年2月頃、北ウィングは2019年12月頃を予定する。工事の関連情報は、JALウェブサイトの空港情報に掲載する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。