ビジョン、「スマホ型」のWi-Fiルーター貸し出し開始、クラウド対応・薄型・軽量化を実現

ビジョンは2019年8月1日、Wi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」でクラウド対応スマホ型Wi-Fiルーター「GW01」のレンタル提供を開始する。

同社はこれまで、長時間利用可能なバッテリーを搭載したクラウドWi-Fiルーターを提供していたが、重さや厚さの面で改善を求める声が多かった。そのような背景を受け、新たに提供するスマホ型ルーターでは、端末の厚さを59%削減、重量を25%削減。従来のものと同様に、1台で108か所以上のエリアに自動接続できるほか、最大12時間の連続使用が可能。充電状況を気にせず大きなディスプレイで利用状況を確認できるようになった。

OEM製品として、各社に合わせたコンテンツ設定もおこなえるほか、今後、スマートフォンとしての機能も搭載する計画という。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。