成田空港、セルフ搭乗手続き「Smart Check-in」を全ターミナルで開始へ、自動手荷物預け機との配置で専用ゾーンで

成田空港は2019年夏から、セルフサービス型の搭乗手続き「Smart Check-in」を全ターミナルで順次開始する。自動チェックイン機と自動手荷物預け機を利用。自動手荷物預け機はこれまで第1ターミナル北ウィングで実証実験を行っており、待ち時間短縮、混雑混和の効果が大きかったことから、東京2020オリンピック・パラリンピックまでに、全ターミナルに計72台を導入する。

自動チェックイン機と自動手荷物預け機は集中的に配置し、「Smart Check-in」ゾーンと位置づける。案内表示もリニューアルし、搭乗客の導線を円滑化するとともに、航空会社の人的リソース最適化にもつなげる。「Smart Check-in」参加予定は日本航空(JAL)、全日空(ANA)など15社で、今後拡大する計画。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。