星野リゾート、奈良県明日香村で開業する宿泊施設は分棟型に、瓦屋根で低層タイプ

星野リゾートは2023年をめどに、奈良県明日香村に宿泊施設を開業する。同社と明日香村は2016年10月の「企業立地に関するパートナーシップ」に続き、2019年8月15日に「地域活性化包括連携協定」を締結。宿泊施設、地域活性化に向け、本格的に動き出した。

宿泊施設の建設予定地は、近鉄飛鳥駅西側。牽牛子塚(けんごしづか)古墳をはじめ、複数の歴史資源に恵まれているものの、現在、明日香村に訪れる年間80万人の観光客は村東部に集中しているため、村西部の魅力を発信する拠点とする。村内周遊を促進するため、明日香村全体を屋根のないフィールドミュージアム「明日香まるごと博物館」としてとらえ、2018年9月に近鉄飛鳥駅前に開業した道の駅をエントランスと位置づける。

宿泊施設は明日香村の街並みを踏襲し、瓦屋根で低層の分棟型になる予定。建設にあたり、2018年から星野リゾートと明日香村の間で職員の人事交流を行うなど、連携を深めているという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。