羽田空港の新飛行ルートで検査、2020年3月からの国際線増便に先立ち、保安施設の稼働状況を確認

国土交通省は2019年8月30日から12月下旬までの期間中、羽田空港の新飛行経路に関する検査を実施する。2020年3月29日からの新飛行経路の運用開始、国際線増便に先立ち、新たに整備した航空保安施設などの稼働状況を確認するもの。検査は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県上空で小型の飛行検査機を用いる。羽田空港の運用への影響を最小限にするため、午前6時から8時を中心に実施する。

具体的には、航空機が出発空港から到着空港まで安全に飛行できるように、航空保安施設が正常に機能しているか、無線施設などで構成される航空路などが安全で適切かといった、航空交通の基盤となる施設の安全性に関し、飛行検査、検証を行う。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。