JTB、訪日客向け飲食店予約「日本美食」に資本参加、スマホ決済整備や海外PR拡大で提携

JTBは、訪日客向けの飲食店予約やスマホ決済サービスを提供する日本美食に資本参加し、業務提携契約を締結した。すでに日本美食とは、JTBの訪日客向け観光支援アプリ「JAPAN Trip Navigator」の飲食予約機能で連携しているが、今後はインバウンド分野での決済インフラの整備と地域観光資源の海外PRの拡大など、提携業務の幅を広げる。

具体的には、日本美食が提供するマルチブランド対応のスマホ決済ゲートウェイ「TakeMe Pay」と「インバウンド集客サービス」を、JTBのネットワークを通じて提供。JTBの地域営業のほか、JTBグループの免税手続きシステムを利用する免税店、JTBが受託運営する観光案内所にも導入する。

現在、TakeMe Payは、QRコードやクレジットカードブランドを含め、国内外の約20種の決済種類に対応しているという。また、海外PRでは、日本渡航前のタビマエの訪日客にアプローチできる海外プロモーションサービスを提供していく。

こうした取り組みで収集できる決済データも活用。分析やデータ活用によるサービスの検討を行ない、地域課題を解決するソリューション提供を推進していく。

提携内容:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。