ANAグループが銀行代理業に参入、ソニー銀行と提携でマイル付き外貨定期預金など

発表資料より

全日空(ANA)とソニー銀行は外貨預金、決済領域で提携する。ANAグループの顧客関連事業を手がけるANA Xが銀行代理業に参入。ソニー銀行を所属銀行とする銀行代理業者として、2019年9月19日からANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET(マルチカレンシーデビットカード)、2019年11月からANAマイル付き外貨定期預金の取り扱いを開始する。

ANAマイル付き外貨定期預金は預け入れ通貨、金額、期間に応じてANAマイルが付与される仕組み。また、マルチカレンシーデビットカードは、国内利用金額に応じたマイルが付与されるのに加え、海外渡航時に現地ATMで現金を引き出すこともできる。

銀行代理業はANAグループ初の取り組み。金融分野との連携、サービス提供で、新たな価値創造を目指すとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。