関空から中国に新たな4路線が新規就航、吉祥航空がハルビンや武漢など、中国発インバウンド拡大に期待

関西エアポートによると、上海吉祥航空(HO)が2019年10月27日から、関西/ハルビン線、関西/武漢線、関西/温州線、関西/常州線の4路線を新規就航する。HOは2014年に関空に国際空港に就航。2019年冬期スケジュールの関空発着路線は上海、南京、長沙と合わせ7路線となる。特に、常州は関空にとって新規就航地となり、インバウンド需要の取り込みが期待されている。

新規4路線の運航スケジュール詳細は以下のとおり。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。